alexa(アレクサ).com人工知能

音声認識人工知能Alexa(アレクサ)

Alexa(アレクサ)とは

alexa(アレクサ)とは米国で非常に人気の音声認識アシスタントシステムです。

最近は音声認識機能で様々なアシスタント機能が注目を集めていますが、alexa(アレクサ)はその中でも家庭に簡単に設置でき、また様々な利用用途が有るとして注目されています。

日本ではスマートホンに音声入力をすることで様々なアプリを立ち上げたり、電話を掛けたりする機能が一般的に利用されていますが、alexa(アレクサ)が実現できる機能はさらに広い範囲に至ります。

例えば話しかけるだけで部屋の電気をつけたり、テレビやエアコンのスイッチを入れたりという他、商品を注文したり、話し相手をしてくれたりといった高度な機能も実現できます。

この動画を見て頂ける方が分かりやすいでしょう。

Amazon Echoを利用したAlexa(アレクサ)の紹介



この動画は「Amazon Echo」の機能限定版の「Echo Dot」という商品の動画なのですが、後から出た商品の分、出来ることとか動画自体のデキが良かったので、こちらを紹介しますね。

残念ながら、日本語版はまだ発売されていないので全部英語です(笑

それでもどんな商品かはわかるかと思います。

Amazon EchoとAlexa(アレクサ)

alexa(アレクサ)を利用する際には一般的にAmazon Echoと言われるスピーカーマイクを利用します。

自動車搭載のalexa(アレクサ)もありますが、Amazon Echoが現状では一般的でしょう。

この装置には音声認識機能の他、様々な制御機能も搭載されており、この装置を設置しネットワークに接続するだけで、ネットワークに接続されている機器の操作が出来るようになります。

ネットワークに接続されていない機器は当然操作できませんが、最近はエアコンや電話、冷蔵庫などにもネットワークが接続される時代になっており、それぞれの機能の高度化に応じて操作できる機能が増えていくというメリットがあります。

家の中の機器を音声で制御するという考え方は古くからあり、また様々な試作品が製造されて試行されていますが、実際には普及していないのが実態です。

その理由の一つに価格が非常に高額であり、制御の方法が非常に難しいという面があります。

又、一時期はパソコンをステーションとして様々な制御を行うことも考慮されていましたが、パソコンは様々な用途に利用されることから処理の専門性に欠けてしまい、また制御によるトラブルも発生しやすいことからあまり普及していません。

Amazon Echoはこれらのステーション機能をスピーカ―型のボディに収容し、さまざまな制御を行う機能を備えています。

常に電源を入れておくだけでいろいろなリクエストに応えてくれる上、利用しているうちにさまざまな利用者の傾向を憶えて使いやすくなっていくため、その利用法は大きく広がっていく可能性があり、現に実現しつつあります。

最近は音声認識によるいろいろな機能の利用が非常に増えていますが、alexa(アレクサ)はその中でも非常に利便性が高い物として、特に注目されています。

現在は英語版のみの対応ですが、今後は日本語にも対応する予定です。