alexa(アレクサ).com-amazon echo(エコー)

Amazon Echo(エコー)はとても便利

Amazon Echo(エコー)

Amazon Echo(エコー)という商品をご存知でしょうか。

Amazon Echo(エコー)とは簡単に説明すると、ネット通販最大手であるAmazonが販売している、デジタルアシスタントのalexa(アレクサ)を使用できる家電デバイスの事です。

このalexa(アレクサ)というのはAmazonが開発し、所有している人工知能の事で、音声を認識することで様々な操作を可能にする音声認識インターフェイスとしての機能を持っています。

同じようなタイプの人工知能としてはAppleの”Siri”が有名ですが、alexa(アレクサ)が”Siri”と大きく異なる点としては、”Siri”がApple社製品のみが利用できるのに対し、alexa(アレクサ)はAmazon以外の製品にも利用できるという点です。

Amazonはもちろんスマホメーカーではないので、alexa(アレクサ)はスマートフォンだけでなく他の多くのデバイスに対応できるように開発されています。

このまま開発が進めばSF映画にあるような未来的な生活も夢ではないと思えるようなサービスになっています。


Amazon Echo(エコー)はとても便利

現段階でもalexa(アレクサ)は”Siri”のように人間が自然に発する疑問の文章構造を理解し対応しますし、ネット上にあるニュースの読み上げや”kindle”に保存した書籍の読み上げは当たり前に行います。

天気予報やスポーツの結果や経緯、得点などの途中経過も伝えたりしてくれます。

これ以外にもピザの注文や、注文履歴からAmazonでの再注文を行ったり、部屋の電気やエヤコンのオンオフを音声によって行うことが可能になります。

alexa(アレクサ)を利用できるAmazon Echo(エコー)は、現在アメリカのみで販売されていますが、アメリカのamazonレビューをみると利用者の満足度が伺えます。

alexa(アレクサ)は上記のような単純な音声認識だけでなく、他の家電との組み合わせにより、留守の間自宅で物音が聞こえたら連絡するようなIot的な利用方法も可能だということです。

IotとはこれまでPCと周辺機器のみで利用されていたインターネットを、他の家電でも利用できるようにするという考え方の事で、alexa(アレクサ)をIot的に利用すると、室内の温度や音などをセンサーで取得し、侵入者の検知やドアの閉め忘れなどの確認が行えるようになったりします。

このような近未来的デバイスのAmazon Echoの使い方ですが、wifi接続の設定を行った後は指示に従い、セットアップを行った後は直ぐに音声を認識し使用できるようになります。

海外の評判では音声認識の精度がほかの音声認識デバイスと比べると格段に高いということなので、日本での発売が待ちどおしい商品ですね♪